カードローン比較

専業主婦でも借入可能なカードローン比較

消費者金融のキャッシングは貸金業法の改正以前は、無職でも不動産のような担保があれば、カードローンが利用できたのですが、2010年の改正後は総量規制で融資限度額は年収の3分の1以内と制限されるようになりました。

 

この法改正の影響で、現在は収入が0の方は、消費者金融から借入ができないことになっています。

 

専業主婦のキャッシングは銀行カードローンが安心

消費者金融は貸金業法で事業を行っていますが、銀行は銀行法が適用されるので、総量規制による影響はありません。ただ、消費者金融も「配偶者貸付」という総量規制の対象外になる商品がありますが、大手消費者金融の専業主婦専用の商品は、ほとんどが申込者に収入がある事が条件になっているので、実際のところ無職の専業主婦はキャッシングが出来ません。

 

銀行カードローンは総量規制の影響を受けませんし、カードローンによっては主婦専用の商品が用意されていますので、それらのカードローンの比較をしてみましょう。

 

専業主婦専用のカードローンを比較する。

○三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
「バンクイック」は最短即日融資も可能です。
年利4.6%〜年14.6%、最大融資限度額は500万円まで、というカードローンで、それ以外に融資限度額が30万円までの専業主婦専用の商品が用意されています。

 

○イオン銀行「カードローンBIG」
イオン銀行カードローンBIGは、無収入の専業主婦でも借りられる点だけではありません。年利3,8%〜13,8%という低金利と、融資限度額は最大800万円まで、となっていて金利の低さにおいても、イオン銀行カードローンBIGは業界で目を引く強みを発揮しています。また専業主婦は50万円までの融資が受けられます。

 

○みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンは、年利3,5%〜14,0%、最大融資限度額は1,000万円と最高水準のカードローンで、みずほ銀行に口座のお持ちの方は即日融資も可能です。

 

専業主婦専用の商品は融資限度額が30万円までと、他行の商品と比べると若干少な目ですが、一時的に借りるのなら十分な融資限度額と言えるでしょう。

 

そのほかにも専業主婦専用のカードローンがありますので、申込をする前にそれらを比較検討する事が重要です。