カードローン比較

おまとめは借り換え先の比較が大事

「おまとめローン」で借り換えが出来れば多くのメリットが生まれますが、まとめ方によってはデメリットにもなる場合があるので、申込む前に十分な検討が必要です。

 

おまとめローンはすべて良いように思えるが・・

おまとめローンとは、現在借りている複数の借入を、ひとつの業者にまとめる事をいいます。借り換えで一本にまとめられれば、複数ある返済日を一日にまとめたりや、返済金額の管理などをひとつにまとめられるので、お金の管理が楽になります。

 

また、借入金額が大きくなることで金利は下がり、利息を含めた総返済額が少なくなり、毎月返済も少なくできます。ただし「現状よりも低い金利で借りられた場合」というのが、メリットが発生する前提になります。

 

おまとめは、今より低金利の業者を探して、その審査に通らなければなりません。
また、うまく契約できたとしても、そこには案外気が付かない落とし穴もあります。

 

まちがったおまとめ方法

金利の安いカードローンに借り換えた場合でも、損をするケースがあります。
借り換えで陥りやすいのが、新たな返済計画が立てられるので、少しでも楽な返済にしたいと考え、毎月返済額を今までより少なくしてしまう方もおられます。

 

そうしてしまうと返済期間が長くなり、支払利息の合計が増えてしまうという場合です。

 

おまとめローンの宣伝で多いのは、「月々の返済額が減る」という文言ですが、これは返済期間が延びただけ(返済回数が増えただけ)、という場合を言っている事になります。

 

返済期間が長くなればなるほど利息負担が増え、最終的には総返済額が現状より大きくなってしまうことも考えられます。

 

そうならない為にも「返済シミュレーション」などを利用して、返済額と返済期間をチェックする事が重要なポイントになります。

 

過払い金請求が出来なくなる

おまとめローンで借り換えてしまうと、契約した業者が、すでに借りている消費者金融へ現在の借金をまとめて返済します。

 

長期間、グレーゾーン金利で返済していた場合、金利の引き直し計算で借金を減らしたり、過払い金を取り戻したりすることができるのですが、おまとめをすると金利の引き直しが出来なくなります。

 

まとめる前に弁護士などに相談して、どちらが自分にとって有利なのかを調べてみるのもひとつの方法です。