カードローン比較

カードローンの選び方

たとえば、家族のために住宅を建てたいとか車を買うためのお金を借りたい、給料日までのあいだお金を借りたいといった、日常生活の中で、何かの目的のためにお金を借りたいという場合があります。

 

どこで借りても良いというものではなく、お金を借りる時は、目的によって借入先を考える必要があります。

 

銀行の金融商品を利用する

銀行には使う目的が明確な場合に申込が出来る「目的ローン」があります。
目的ローンは「住宅ローン」や「マイカーローン」、「リフォームローン」「教育ローン」などや、「フリーローン」といった多くの商品が用意されています。

 

このような目的ローンは、金利も低く、長期返済でお金が借りられます。
しかし、これらの商品を借りるには、多くの書類や担保、保証人を用意しなければなりません。

 

また、借りたお金は一度に支払われ、あとは返済を続けるだけになるので、先を見通した返済が続けられます。

 

目的を決めて申込先を決める

お金を借りる目的には「給料日まで一時的に借りたい」とか「急な出費に備えて、借りられるようにしておきたい」という事があります。

 

そんなときの方法として、カードローンを利用するのもひとつの方法で、すぐにお金を借りたい時は、即日融資が可能な消費者金融がおススメです。

 

消費者金融は銀行に比べて審査が緩く、即日融資に対応しているので急にお金が必要になった時でも慌てることがありません。一般的に銀行カードローンは低金利で融資していますので、多くを借りて長期で返済と言う場合におススメのカードローンです。

 

また、それほど多くは借りられませんが、クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りる事も可能で、キャッシング枠を設定していれば、改めて審査を受ける必要がないので少額を借りたい場合にはおススメです。

 

カードローンの利便性

日常生活でカードローンがおススメなのは

  • 無担保でお金が借りられる。
  • 即日融資なら申込をしたその日に借りられる。
  • 融資限度額が決まれば、その範囲内で何度でも借入れができる。
  • 契約を済ませていれば必要なときに申込みをすればすぐに借りられる。

というような利便性があります。
申込には年齢制限がありますが、審査に通れば正社員だけでなく、パートやアルバイト、派遣社員でもお金が借りられるので心配ありません。